閉扉削減を考えると中古でいいかも!

Written by:

http://morrisdeesaward.com/近く、友人が新規事業を展開することになり、事務所設立の手伝いをすることになりました。
事務所を設立するためには、まず必要な設備は、電話、fax、コピー機、そして、インターネット環境なのですが、この環境を整えるための費用がばかになりません。

新品で揃えたいのはやまやまなのですが、経費節約を考えると、とてもじゃないけど新品で揃えるわけにはいかないことがわかりました。

あるサイトの情報によると、新品ビジネスホンを3台設置すると工事費込みで費用は169,000円以上、それに対して、中古ビジネスホンの場合では、同じく3台設置して工事代金込みで9,800円から対応することができるそうです。

友人の事務所は、3台の電話があればOKなので、中古ビジネスホンの3台工事費込み9,800円が妥当なところ。

新品ビジネスホンの場合、リースを利用する方法もあるのですが、長期に渡って、毎月5,000円前後からの支払いになるようです。

中古ビジネスホンではリース不可ですが、リースを利用するまでもなく1万円前後なら現金化クレジットカード払いでOKでしょう。

ただ新品に比べると中古ビジネスホンは、電話機の基本的な機能はあまり変わりないようですが、最新式の機能は期待できません。

詳しいことは■ビジネスホン(ビジネスフォン)でオフィスのコスト削減ナビ中古ビジネスホン■が参考になります。

ビジネスホンは中古でも十分な理由

Written by:

家庭用の電話とは違い、主装置とつなげて利用することでビジネスホンは様々な機能を発揮します。たとえば電話一つ一つに別の電話番号を割り振ってみたり、逆に同じ電話番号にかかってきた複数の電話を同時に受け取ったりもできます。内線外線の使い勝手もよくなり、ワンタッチで電話を掛けることも簡単になります。

会社で使う上で必要となるビジネスホンですが、費用の高さには悩まされます。複数の電話を用意すれば百万円以上のコストがかかることも多く会社の部署全部に設置するとなるとそれだけでも数百万もかかってしまうことがあります。ビジネスホンは必要だけど購入は難しいとなった時には中古のビジネスホンを使ってみましょう。

中古のビジネスホンがおすすめな理由は価格の安さだけではありません。ビジネスホンは壊れいくいためメンテナンスを必要とせずに長く使っていくことができます。またビジネスホンの基本機能はどの会社でも必要としているものがそろっているため使うために機能面で不自由を感じないということです。

中古というと質が下がるということが気になりますが、ビジネスホンに関してはそれは問題にはなりません。長持ちしてくれるビジネスホンさえ見つけることができれば中古でも十分ですよ。

補助金が利用できるソーラーパネル

Written by:

環境への配慮が必要となった今では、環境に影響が少ないエネルギーが求められるようになっています。このようなエネルギーには、原子力発電や風力発電、太陽光発電を活用したクリーンエネルギーが注目されるようになっています。

中でも安全に使える太陽光発電や風力発電は身近な発電方法として人気があります。特に太陽光発電は、家庭でも発電することができることから人気のある発電方法とされています。そのことから、太陽光発電を活用するといった人が見られるようになっています。

太陽光発電を使うところでは、家庭で使う電力が賄えるため、太陽光発電は、電力を得るには効果のある方法として人気があります。太陽光発電は、家庭においては屋根に設置することができるので、太陽光発電の設置は効果的です。

太陽光発電を行なうソーラーパネルを設置する人の多くは1kWあたり40万円から50万円ぐらいの費用で設置することが多くなっているようです。これにはソーラーパネルを設置することにおいて支給される交付金が関係しています。

ソーラーパネルの導入では、現在、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)から41万円以下と50万円以下で補助金が交付されるため、このように工事費用は平均化しています。